ページトップ

びびっとイベントカレンダー

HOME » びびっとイベントカレンダー » 2018イタリア・ボローニャ 国際絵本原画展

2018イタリア・ボローニャ 国際絵本原画展

いつ:
2018年7月6日 @ 9:30 AM – 2018年7月29日 @ 7:30 PM
2018-07-06T09:30:00+09:00
2018-07-29T19:30:00+09:00
どこで:
成増アートギャラリー(東京都板橋区成増3-13-1 アリエス3F)

板橋区立美術館では1981年より毎年、ボローニャ国際絵本原画展を開催してきました。38回目を迎える本年は改修工事に伴う休館期間のため、東武東上線・成増駅前の区立成増アートギャラリーに場所を移してご覧いただきます。

※今回は会場の規模に合わせてのセレクト展示となるため、入選作品全点を展示することはできません。あらかじめご了承ください。

◆日時:7月6日(金)~29日(日)9:30~19:30(入館は19:00まで)
※会期中無休
◆観覧料:一般500円、高校・大学生250円、中学生以下無料
※土曜日は高校生は無料で観覧できます。
※20名以上団体・65歳以上・障がい者割引あり(要証明書)
◆トークイベント:
下記のいずれも、成増図書館・視聴覚室にて 定員30人、入場無料、14:00~15:30 (成増図書館は、ボローニャ展会場の成増アートギャラリーと同じアリエスビル3階にあります)

<<7月16日(月・祝)>>
対談「久しぶりのボローニャ・ブックフェアと私の絵本」
山田和明(絵本作家・イラストレーター)・松岡希代子(板橋区立美術館副館長)

今年の入選作家の山田和明氏は、2010年、2011年にも入選し、ボローニャを訪問しています。その時に出会った編集者、マイケル・ノイゲバウワー氏と絵本『あかいふうせん』を出版、国際的な絵本作家として活動し始めました。今回久しぶりにボローニャを再訪した印象や、自作の絵本について、松岡副館長が聞き手となってお話いただきます。

<<7月22日(日)>>
講演会「『マルコとパパ』ができるまでとスペイン語圏の子どもの本
    ―ラガッツィ賞受賞作を中心に―」
宇野和美(翻訳家・スペイン語)

2016年のボローニャ・ラガッッイ賞に輝いた『マルコとパパ』は、いち早く日本語に翻訳され、注目を集めています。翻訳者の宇野和美さんに、この本の翻訳や制作の舞台裏、またラガッツィ賞に輝いた本を中心に、最新のスペイン語圏の子どもの本の動向などについてお話いただきます。

<<7月28日(土)>>
対談「今年のボローニャ・ブックフェア 総復習」
広松由希子(絵本評論家)・松岡希代子(板橋区立美術館副館長)

ボローニャのブックフェアでは、たくさんの情報が行きかっています。今年のボローニャでは、どんなことがあり、どんな本が話題になったのでしょうか。角野栄子さんのアンデルセン賞受賞発表の場面や、若いイラストレーターたちの活動の様子なども含めてお話いたします。
◆アクセス:
・東武東上線「成増駅」北口より3分(駅前ロータリーに面した複合ビルアリエス3F)
・東京メトロ有楽町線・副都心線「地下鉄成増駅」(5番出口)も利用可
◆注意:
・板橋区立美術館は改修工事のため現在休館中です。例年とは会場が異なりますのでご注意ください。
◆主催:板橋区立美術館、一般社団法人日本国際児童図書評議会(JBBY)
◆お問合せ:成増アートギャラリー 03-3977-6061、板橋区立美術館 03-3979-3251
※尚、内容は変更になる場合がございますので、ホームページ等でご確認ください。

★板橋区立美術館 http://www.itabashiartmuseum.jp/