ページトップ

びびっとイベントカレンダー

HOME » びびっとイベントカレンダー » 川越まつり

川越まつり

いつ:
2017年10月14日 @ 10:00 AM – 2017年10月15日 @ 10:00 PM
2017-10-14T10:00:00+09:00
2017-10-15T22:00:00+09:00
どこで:
川越市一番街・幸町ほか(川越駅、本川越駅、川越市駅周辺)

川越まつりは、川越城主松平伊豆守信綱が祭礼用具を寄進したことに始まり、しだいに江戸の「山王祭」「神田祭」の様式を取り入れながら変遷を重ね、およそ350年にわたって受け継がれてきました。
山車を持つ町の人たち、山車に乗る近郷の囃子方、山車を動かす職人というそれぞれの社会が調和した様式も江戸譲りの特徴といわれ、江戸が東京になり、本家東京の祭りが山車からみこしに代わった今、「川越まつり」は、かつての江戸天下祭を再現しています。時代が変わり、社会がさまざまな変化を遂げても、祭りに象徴される川越人の心、まち全体が一つになって祭りにかける情熱は、今も昔も変わっていません。
今年は23台の豪華絢爛な山車が町中を巡行します!!夕方には提灯の灯りとともに山車が集結し、お囃子の笛や太鼓がにぎやかに響きます。
<国指定重要無形民俗文化財「川越氷川祭の山車行事」>

◆日時:10月14日(土)・15日(日) 10:00~22:00
◆場所:川越市一番街・幸町ほか(川越駅、本川越駅、川越市駅周辺)
◆内容:
<市役所前の山車巡行>
 市役所前を山車が巡行します。1ヵ所で多くの山車を見られるチャンスです。
 14日(土) 13:30~15:00ごろ
<宵山の山車揃い>
 山車に提灯が灯り、居囃子を披露。落ち着いて山車やお囃子をご覧いただくことができます。
 14日(土) 18:00~19:00ごろ
<鳶(とび)のはしご乗り>
 蔵造りの町並みを舞台に、鳶職人の妙技が披露され、技が決まる度に観客からは大きな拍手と歓声が上がります。
 14日(土)18:20 埼玉りそな銀行
<神幸祭り>
 氷川の神様が神輿に乗られて町を巡行することで、その御神徳をいただき、幸福と町の繁栄を祈請するという現在の山車行事の原型となった伝統儀式です。
 15日(日)10:15 氷川神社出御
<市役所前の山車揃い>
 市役所前に山車が勢揃いし、囃子を披露します。ずらりと一列に山車が並ぶ様は迫力満点です。鳶職人による木遣りも披露されます。
 15日(日)11:15~12:15ごろ
<夜の曳っかわせ>
 山車が出会うと正面を向き合わせ、囃子の競演が始まります。周りの曳き方衆は激しく提灯を乱舞させ、祭りは最高潮に盛り上がります。川越まつりの一番の見どころです。
 ※場所:仲町・札の辻、連雀町、本川越駅前、松江町、通町の交差点ほか市内各所
 14日(土) 19:00~21:00ごろ
 15日(日) 18:30~21:00ごろ
◆アクセス:
・東武東上線・JR線「川越駅」または東武東上線「川越市駅」から徒歩5~10分
・西武新宿線「本川越駅」からすぐ
◆当日は交通規制(両日10:00~22:00)がひかれ、当日は駐車場も混み合いますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。
◆お問合せ:川越まつり協賛会(事務局:川越市役所観光課) 049-224-5940(直通)/FAX 049-226-4102
※さらに詳しい内容は下記ホームページでご覧ください。

川越まつり公式サイト